みんなの子育て ドタバタエピソード

みんなの子育て ドタバタエピソード 2023.01.05 コープあいち SDGs 3.すべての人に健康と福祉を4.質の高い教育をみんなに

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る

一段と寒い季節となり、インフルエンザや胃腸風邪などの心配が増えてきています。子どもがおなかをこわしたり高熱を出したりしたとき、何を食べさせたらよいか分からず困ったことはありませんか。今回は、子どもがこれらの病気になったときの食事のあげ方について、管理栄養士の山本理江さんが答えてくださいました。

まさえ先生イラスト

山本やまもと 理江まさえさん

●管理栄養士
行政などで、延べ7000人以上のママさんへ乳幼児の食指導を行っています。

おなかをこわしたとき
何も食べられず、
水分だけで大丈夫なのか不安です

ママのイラスト
まさえ先生イラスト

嘔吐や下痢を起こすのは胃腸の炎症が原因なので、これらの症状があるときは食べさせないのが基本です。しかし、脱水状態にならないようにお茶、水、経口補水液などの水分は必ずあげてください。「戻してしまうから」といって水分を与えないのは絶対だめです。そして、回復してきたら消化のよい物から始め、少しずつ普通の食事に戻していきましょう。

吐き気、下痢は
無理に止めないで

食べ物を戻したり下痢をしたりする原因が感染症のときは、おなかに入った菌を外へ出すのが先決で、嘔吐や下痢は止めない方がよいです。食べ物を戻す場合は、胃酸も外に出てしまいミネラルバランスが崩れるので、イオン飲料を飲ませてあげるのもよいでしょう。

吐き気、下痢は無理に止めないで

おかゆ・やわらかいうどんなど
回復食は消化のよい食べ物から

症状が軽くなって食事を再開するときは、脂質や繊維が少ない消化のよい物からにしましょう。早く元気になるようにと、お肉や繊維の多い野菜を食べさせても、胃腸が弱っているので十分消化できません。おかゆ、やわらくゆでたうどん、溶き卵、とうふ、白身の魚、野菜ならかぼちゃ、じゃがいもがよいですよ。

おかゆ・やわらかいうどんなど回復食は消化のよい食べ物から

「病気だから特別」はNG!
お菓子より食べやすい食事を

病気でも、好きなお菓子なら食べる子もいます。何も食べないよりはよいだろうとお菓子をあげていると、治った後も食事よりお菓子を欲しがり、ママが困ることになります。栄養の面からも、食事の中で子どもが食べられそうな物を用意してあげてください。

「病気だから特別」はNG!お菓子より食べやすい食事を

体重が減っても焦らないで
治れば徐々に戻ります

食べられない日が続くと体重が落ち、心配になりますが、病気で減った体重は元気になれば間もなく元に戻ります。栄養をつけなくてはと焦ったりせず、やわらかく食べやすい物から少しずつ普段の食事に近づけていきましょう。

体重が減っても焦らないで 治れば徐々に戻ります

次のページ

お悩みFile②

固定ページ: 1 2 3

イベントお知らせ

コープあいちの子育てお役立ち

子育てが楽しくなる生協のサービス

  • お役立ちサービス

    お役立ちサービス

    宅配やお店など生協サービスで使える子育て応援特典を紹介。

  • チケット情報・販売

    チケット情報・販売

    水族館やテーマパークのチケットを始め、公演・コンサート等のチケットをネットから申込できます。

  • コープ共済

    コープ共済

    元気いっぱいのお子さまに。ケガ通院も入院も1日目からしっかり保障。

  • くらしたすけあいの会

    くらしたすけあいの会

    掃除や食事作り、託児など家事ができないときに利用できる有償家事援助サービス。

お住いの地域で開催!子育て中の仲間が集まる

  • 子育てひろば

    子育てひろば

    0歳~3歳までの未就学児を連れてのんびりと過ごせる交流場。新型コロナ感染予防のため、現在休止中。

  • ワイガヤナビ

    ワイガヤナビ

    離乳食交流会、託児つきの交流会など子育て中の方も参加しやすいイベントを紹介。