ママとパパが作った商品 バランスキューブで赤ちゃんの栄養と親の心をサポート

ママとパパが作った商品 バランスキューブで赤ちゃんの栄養と親の心をサポート 2022.06.02 コープあいち SDGs 3.すべての人に健康と福祉を4.質の高い教育をみんなに

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る

お子さんが赤ちゃんのとき、一度は使ってほしい商品がコープあいちにはあります。その名も「バランスキューブ」。赤ちゃんにバランスよく栄養を摂ってほしい、という願いのこもった商品ならではの工夫がいっぱい。開発した株式会社ナカシン冷食の中尾好伸さんに教えてもらいました。

株式会社ナカシン冷食 中尾 好伸さん

株式会社ナカシン冷食

中尾なかお 好伸よしのぶさん

2000~2001年「バランスキューブ」の商品開発に携わる。現在代表取締役。家庭では2人のお子さんのパパ。

バランスキューブ誕生秘話

わが家の息子が生まれたころ、ちょうど当社の開発コンサルタントをしていただいていた管理栄養士さんが、離乳食補助食品としてご自身で作った冷凍キューブを紹介してくれました。こんなに便利で助かるものが!と衝撃を受けました。これがバランスキューブの前身です。
自分が離乳食の大変さを家庭で実感していたころだったからこそ「これを商品化しよう」と決心。ある意味売り上げは棚上げして商品開発しました。2001年に商品として誕生してから20年、赤ちゃんのいるご家庭から「愛用してます」「手放せません」という声を耳にするたび「あのときバランスキューブを作ってよかった」としみじみうれしさを感じます。(中尾さん)

キューブがカラフルな理由

離乳食作りをしながら
「これで栄養バランスは摂れているのかな?」と
不安になる方も多いのでは。

バランスキューブをカラフルな商品にしたのは、食材の「色」で直感的に栄養素を4色で捉えて、不足している栄養を補えるようにしたかったから。例えば「今日のメニューは緑色が足りないかも?」と感じたらコロンコロンと緑のキューブを足して離乳食の一品を作る、そんな使い方をおすすめします。(中尾さん)

小さな一粒にギュ~ッと

1つが約10~12gのキューブは、低月齢の
お子さんにも1つから惜しみなく気軽に使えます。

うちの子、本当に食が細くて、がんばって離乳食を作っても食べ残すことが多かったんです。ですから子どもの食欲に合わせて量を調節できるように、一粒を小さくした方がいいとアドバイスをもらったときは、本当にそうだと思いました。(中尾さん)

バランスキューブ画像

トレーはこの商品を
作るために独自に開発。

小さな一粒にギュ~ッと イメージ
うらごしは大切

離乳食で意外に大切なのは口に入れたときの
なめらかな舌触り。家庭では「うらごし」という
ひと手間が大きな負担になりがちです。

工場では細かくすりつぶした素材を混合した後に、さらにうらごししています。全ての色のキューブで、機械ではなく人の手で作業をしています。中でも、とうもろこしは薄い皮が残りやすいので素材の段階でも人が手間をかけてうらごしします。(中尾さん)

うらごしは大切 イメージ

工場のうらごし用のメッシュ。穴の大きさはなんと2mm!

固定ページ: 1 2 3

イベントお知らせ

コープあいちの子育てお役立ち

子育てが楽しくなる生協のサービス

  • お役立ちサービス

    お役立ちサービス

    宅配やお店など生協サービスで使える子育て応援特典を紹介。

  • チケット情報・販売

    チケット情報・販売

    水族館やテーマパークのチケットを始め、公演・コンサート等のチケットをネットから申込できます。

  • コープ共済

    コープ共済

    元気いっぱいのお子さまに。ケガ通院も入院も1日目からしっかり保障。

  • くらしたすけあいの会

    くらしたすけあいの会

    掃除や食事作り、託児など家事ができないときに利用できる有償家事援助サービス。

お住いの地域で開催!子育て中の仲間が集まる

  • 子育てひろば

    子育てひろば

    0歳~3歳までの未就学児を連れてのんびりと過ごせる交流場。新型コロナ感染予防のため、現在休止中。

  • ワイガヤナビ

    ワイガヤナビ

    離乳食交流会、託児つきの交流会など子育て中の方も参加しやすいイベントを紹介。