噛めない子どもが増加中! めざせ“噛める”子ども!第二弾

噛めない子どもが増加中! めざせ“噛める”子ども!第二弾 2022.09.01 コープあいち SDGs 3.すべての人に健康と福祉を4.質の高い教育をみんなに

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る

子どもにおいしく魚を食べてほしい!でも、魚の骨を嫌がって食べなかったり、骨がのどに刺さるのではという心配もありますよね。
栄養満点の魚をもっとおいしく、簡単に食べるコツを北海道ぎょれんの佐藤翔太さんに教えてもらいました。

※北海道ぎょれん…
全道の漁業協同組合(漁協)が出資して1949年に組織された、指導・経済事業を担う協同組合連合会。

北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)東京支店 営業第三部 佐藤 翔太さん

北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)
東京支店 営業第三部

佐藤 翔太さとう しょうたさん

男の子のパパ。子育てに奮闘中。

食育としての魚のすすめ

魚にはカルシウム、タウリン、DHAなどお子さんの成長に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。魚に興味をもってもらう機会を増やすようにし、魚をおいしく食べてもらいましょう。例えば、子どもに魚をさばく前の状態を見せたり、テレビなどで魚が出た場合には、「この前、食べた〇〇だよ~」と話しかけたり…。楽しく魚を覚えてもらえるような声掛けが大切です。また、料理をするときは、できる限り素材を生かした味付けを心掛け、魚の味をしっかり味わってもらうようにしましょう。

魚をおいしく食べるためのコツはありますか? 旬の魚を食べることです。特にこれからが旬のさんまは、焼いても、煮ても、和洋中どんな料理とも相性のよい魚です。

さんまを切らずに内臓も
そのまま焼き上げるのがコツです。
魚に包丁を入れないことで
脂が逃げず、ジュワッとジューシーに
仕上がります。

梅やしょうがなど、
香りのある食材と一緒に煮付けると、
臭みが少なくおいしくなります。
弱火でじっくりコトコト火を入れれば、
骨までまるごと食べられます。

トマトソースで
グリル焼きにしたり、
生食できるさんまだったら、
薬味とたたいて
なめろうにしたり…。

さんまのおすすめレシピはこちら
(北海道ぎょれんWebサイトから)

次のページ

魚の骨のカンタンな取り方 ステップ1

固定ページ: 1 2 3

イベントお知らせ

コープあいちの子育てお役立ち

子育てが楽しくなる生協のサービス

  • お役立ちサービス

    お役立ちサービス

    宅配やお店など生協サービスで使える子育て応援特典を紹介。

  • チケット情報・販売

    チケット情報・販売

    水族館やテーマパークのチケットを始め、公演・コンサート等のチケットをネットから申込できます。

  • コープ共済

    コープ共済

    元気いっぱいのお子さまに。ケガ通院も入院も1日目からしっかり保障。

  • くらしたすけあいの会

    くらしたすけあいの会

    掃除や食事作り、託児など家事ができないときに利用できる有償家事援助サービス。

お住いの地域で開催!子育て中の仲間が集まる

  • 子育てひろば

    子育てひろば

    0歳~3歳までの未就学児を連れてのんびりと過ごせる交流場。新型コロナ感染予防のため、現在休止中。

  • ワイガヤナビ

    ワイガヤナビ

    離乳食交流会、託児つきの交流会など子育て中の方も参加しやすいイベントを紹介。